ロゴ

ハイパーバイザーとその種類

2013 年 11 月 22 日

ハイパーバイザーは、単一のホスト上で複数のゲスト オペレーティング システムを同時に実行できるようにするハードウェア仮想化技術です。これは、主に仮想マシンの構築に使用されるホスト ハードウェアとオペレーティング システムの間の薄い層です。そのため、VMM とも呼ばれます (仮想マシンマネージャー)。

ゲスト オペレーティング システムはホストのハードウェア リソースを共有するため、各ゲスト システムは独自のオペレーティング システム、プロセッサ、メモリ、その他のハードウェア リソースを持ちます。 ハイパーバイザー ゲスト オペレーティング システムのニーズに配慮し、異なるゲスト オペレーティング システムで実行されているオペレーティング システムが相互に干渉しないようにすることです。

 ハイパーバイザーの種類:

1) ベアメタル ハイパーバイザーまたはタイプ 1 ハイパーバイザー

2) ホスト型ハイパーバイザーまたはタイプ 2 ハイパーバイザー

1) ベア メタル ハイパーバイザーまたはタイプ 1 ハイパーバイザー: ネイティブ ハイパーバイザーとも呼ばれます。これらのハイパーバイザーは、ホストのハードウェアに直接インストールされます。インストールされたオペレーティング システムは、ハイパーバイザーのすぐ上で実行されます。ゲスト オペレーティング システムを管理します。

例: Vmware ESX サーバー、Microsoft Hyper-v、citrix xen サーバー

2) ホスト型ハイパーバイザーまたはタイプ 2 ハイパーバイザー: これらのタイプのハイパーバイザーは、ホストのオペレーティング システム環境内で実行されます。したがって、ここではオペレーティング システムが第 1 レベルとなり、次に第 2 レベルのハイパーバイザー、およびその下で実行されるゲスト オペレーティング システムが第 3 レベルのハイパーバイザーとなります。

例: VMware ワークステーション、Microsoft Virtual PC、および Parallels ワークステーション。

jaJapanese